今話題のリゾートワールドカジノの概要とその特徴とは

現在日本でも、カジノの設置が話題になっていますがまだ、具体的なことは何も決まっていません。
そんなカジノが、楽しく安全にできるのがリゾートワールドカジノです。
概要は、シンガポールの南に位置するセントーサ島に東京ドーム約10個分の広大な敷地になります。
特徴としては、24時間カジノが楽しめるのは当然ですがそれ以外にもさまざまなテーマパークがあります。
家族で行くと、カジノは21歳未満は入ることができず子どもは楽しむことができません。
しかし、リゾートワールドカジノなら敷地内にはユニバーサル・スタジオ、海洋水族館、水のテーマパークなど色々なものがあり子どもも大人も楽しく過ごすことができます。
ユニバーサル・スタジオは、東南アジア初になりここでしかないアトラクションもできています。
水族館には、ただ鑑賞するだけでなく隣接するウォーターパークには数多くのウォータースライダーがあり、今までにはない体験をすることができます。
ここでは、ホテルも個性的なものがあり、巨大水槽に面した窓からはマンタなどが泳ぐ様子も宿泊した部屋も用意されています。
このように、カジノだけでなくテーマパークや60店からなるグルメスポットもあり家族でさまざまな体験をすることができます。

関連記事

  1. タイ

    タイの不動産投資状況

  2. タイに新たな富裕層向け超高級住宅地を開発

  3. ベトナム企業の法人設立案と状況から判断したメリットとデメリット

  4. モルディブの文化

  5. タイ大手ディベロッパー海外富裕層に人気のニセコの土地を17億で売却

  6. 富裕層の囲い込みを狙う「第2のマカオ」目指す街、カンボジア・シアヌークビル