クールジャパンのシンガポールに対する動向について

クールジャパンは日本文化を海外に広め、新たなビジネスチャンスを世界に求めようとする日本国の経済戦略の一つです。
現在は世界有数の経済大国となった日本ですが近年は経済低迷の状態が継続しており、特に長引く不況の影響もあり国内消費が低迷する状態が続いていることが大きな問題となっています。
その為、日本の文化を世界に発信し、同時に世界の日本製品の消費を増やすことで経済の好転を目指すのがクールジャパンの目的です。
その中でも東南アジア諸国は日本に近い国々として非常に注目されており、特にシンガポールは古くから日本と友好関係にあることからクールジャパンの対象国として注目されています。シンガポールは古くから日本の製品を積極的に利用してくれる国としても有名であり、自動車や家電製品は殆どが日本製のものを利用しているほどです。
その為、クールジャパンに対してもいち早く興味を示しており、その動向も特徴的で、いち早くクールジャパンが浸透すると期待されている国でもあります。
その為、シンガポールに多くの企業が拠点を持っており今後は製造拠点も含め検討している企業も増えています。
クールジャパンは今後日本が経済発展を行う為には重要な戦略と言え、シンガポールのような友好国と上手に実現していくことが大切です。

関連記事

  1. インドネシア和僑会の概要と特色

  2. シンガポール

    シンガポールの幼稚園事業最大手マインドチャンプス、210億円のファンドを設立、38億円の資金を調達

  3. 英国伝統校の進出が相次ぐマレーシア

  4. 豊かな自然が残るココナッツアイランドリゾート

  5. 海南島が富裕層ヨットの寄港場として2025年の完成目指す

  6. 台湾のビザの種類