インドネシア企業の日本市場参入の動向

インドネシアでは最近日本市場参入の動きが強まっています。そのインドネシアの特徴としては、かなり多くの島々から形成されている島国です。
赤道直下に国土が位置していることから、年間を通じて温暖な気候が続くのです。日本のようにはっきりとした四季の変化はありません。自然が豊かな国ですが、大きな都市の近辺では近代化が進み高層ビルなども建ち並びます。インドネシア企業の工場なども多く、たくさんの工業製品やその部品を製造しているのです。
そういった工場で製造されている工業製品はインドネシア国内向けの製品だけではありません。
日本へ輸出するために製造している工業製品もたくさんあります。
物価水準の違いから、日本へ輸出するとインドネシア企業にとっては、かなり大きな利益を生み出すことができるのです。

そのため、インドネシア企業の日本市場参入の動向はより一層強まっています。
そして、インドネシア企業がインドネシア国内の工場で製造した工業製品は、比較的性能が良好であるとされています。
日本人が使いやすいように工夫が凝らされている電気製品も多く、日本市場において高く評価されているのです。
こういった動向は東南アジアの他に国々でも見られます。

関連記事

  1. 利益がなくてもビリオネア-中国人富裕層がどんどん生まれる背景とは

  2. フラワーアートイラストレーションの騎手 Grace Ciao

  3. 不動産業界で本格化するアジア富裕層の取り込み

  4. ベトナム

    ベトナムの不動産投資状況

  5. マレーシアの不動産投資のメリットとデメリットは何か

  6. スリランカの物価水準