シンガポールのルミネが現地「富裕層と大衆層の中間層」に大きな期待

富裕層と大衆層の間にある「中間層」のマーケットに大きな可能性があると語ったのは、ルミネの新井良亮相談役。
ルミネは2017年11月にシンガポールに出店。特質なのは、約930平米のショップで、「アッシュペー・フランス」「トゥモローランド」「マッシュスタイルラボ」など、ルミネに入っているアパレル企業の中から約20ブランドの商品を買い付け、セレクトショップとして展開する試みを行ったことだろう。

また20ブランドのうち17ブランドは東南アジアおよびシンガポール初登場のもので、独自性を出すことを目指という。
その後、2018年12月にジャカルタと、ルミネが海外ショップを展開し、真のグローバル化が始まる時代に向けての戦略を掲げた。そしてあえてアジアへの出店を決断したこと。30代を中心とした若手社員に任せることで、次の時代に向けた力をつけてほしいと考えたこと。本件をある意味での練習ととらえ、ひたむきに練習を続けることが成果につながっていくこと。新井氏の未来向かう熱く力強い想いを感じる瞬間であった。

記事元(日経BP社)はこちらから

関連記事

  1. 中国人富裕層にとっての日本に旅行に行くというステイタス

  2. カンボジアでの街頭インタビュー

  3. 利益がなくてもビリオネア-中国人富裕層がどんどん生まれる背景とは

  4. Vietnam Experience Gift/ベトナム体験ギフト

  5. シンガポール、住宅購入者印紙税は「巧妙な富裕税」

  6. 業界全体で富裕層サービス等の向上を目指す、ホテルマネージメントサミット2018開催