アジアの富裕層が世界最速のペースで資産を拡大

写真:©Adobe Stock
昨年、世界中のどの国よりもアジア人富裕層は、より多くの資産を増やした。

キャップジェミニの報告によると、アジア太平洋地域の高純資産者が保有する資産は2017年に約15%増の21.6兆ドルとなった。世界経済の加速と株式市場の急騰は、世界の総額を70.2兆ドルに押し上げた。アジアの億万長者の増加を受けて、クレディ・スイス・グループAGからDBSグループ・ホールディングス・リミテッドなどの金融機関は、プライベート・バンキング業務を拡大している。昨年は日本と中国がアジアの富の大半を占めたが、成長率を見るとインドが世界のチャートを上回る結果となった。

コンサルティング会社のアジア・ウェルス・マネジメント部門責任者、デビット・ウィルソン氏は、「中国やインドなど、アジアの新興市場が成長の原動力となるだろう」と述べた。高水準の個人を最低1百万ドルの投資可能資産と定義している報告書によると、世界の富は2025年までに100兆ドルを超えることは既定路線だろう。

参照:Bloomberg

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. サムイ島の動向と不動産投資に前向きな日本のクールジャパン

  2. フィリピン

    フィリピンの不動産投資状況

  3. サムイ島の法人設立と住まいに関するメリットとデメリット

  4. シンガポールにおける教育制度の特色

  5. 台湾のプライベートバンクを利用する魅力と口座開設

  6. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?