台湾の名物料理

台湾の名物料理


台湾の食の名物と言ったら、小籠包は有名です。他にも数多くの名物がありますが、好き嫌いなく楽しめる料理です。挽き肉や野菜、鶏がらスープを皮で包んだだけの料理ですが、中身をアレンジするだけで色々なレパートリーがあります。一般的には蒸して調理するのが有名ですが、最近では焼いて調理するのも人気になってきています。ワンタンや餃子などと同じく、お酒のお供に欠かせられません。

 

 

台湾での食事の平均金額


一般的な台湾での食事の平均金額は約350円ぐらいです。マクドナルドなど大手海外チェーンでは日本より多少ですが、安くすますことができます。金額の高いレストランに行けばそれなりに金額が比例します。しかし、大衆食堂などを利用すれば一食あたり200円ぐらいで満足できます。日本と違い衛生面がルーズで、潔癖症の方は利用しにくいかもしれません。節約すれば一ヶ月、約20000円で食べていける計算になります。

 

 

日常生活に関する際の平均金額


台湾の市場の平均金額ですが、日本と比較して全体的に安いです。タバコはなんと日本の半額です。他にもタクシーや地下鉄などの交通機関なんかも日本の半額以下と、非常に安いです。平均所得を考えれば当たり前かもしれませんが、それでも安いんです。例外もありますが、全体的に安いと言えます。

関連記事

  1. フィンテック技術は小売事業を営む富裕層を増加させる

  2. 台湾・馬祖(マソ)島のカジノ計画とは

  3. タイ進出において欠かせないSNS対応

  4. 海外輸出の促進に千葉県知事がトップセールス

  5. シンガポールの超富裕層はクレージーか?

  6. アジアの富裕層達は社会的インパクトに投資価値を見出している