中国富裕層の人気移住先トップ10

写真:©Adobe Stock
世界中の富裕層にとって、租税回避や税金対策は共通の興味関心事項だろう。
中国富裕層の約9割が、老後の国外移住を検討していることが、富裕層に関する調査で明らかとなった。国際的租税回避・脱税行為対策「CRS」の導入が、富裕層を国外へ流出させる最大の要因となっている。租税回避に対する取締りの強化は老後の生活を脅かすものであり、母国を離れてでも資産を守りたい富裕層が増えているのは当然の流れだ。

中国人にビザが下りにくい国もある為、あの国がトップ10に入っていないなんて…と意外に思うところはあるが、概ね納得の結果であろう。

  1. 米国
  2. 英国
  3. アイルランド
  4. カナダ
  5. オーストラリア
  6. ギリシャ
  7. ポルトガル
  8. スペイン
  9. マルタ共和国
  10. キプロス共和国

日本人も同様に、オーストラリアなどの相続税が発生しない国への移住というのも選択肢の一つだ。ユニコーン企業を多く抱える中国では、富裕層の数が年々増えている。今後も海外移住の選択肢する富裕層は増えていくとみられている。

ルート・アンド・パートナーズでは中国人富裕層向け情報はじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. 高島屋、バンコク在住富裕層をターゲットとした「サイアム高島屋」をオープン

  2. 日本式教育のFC保育園

  3. 食の衛生管理態勢が低い中国 富裕層は日本食品を取り寄せている

  4. 台湾銀行口座開設とポイント制度の活用

  5. シンガポール、住宅購入者印紙税は「巧妙な富裕税」

  6. アジアの富裕層は世界最速ペースで資産を拡大中