シンガポールの会員制倶楽部「ストレーツ・クラン」設立

写真:©STRAITS CLAN
シンガポールの会員制クラブといえば、タングリン・クラブや、タワークラブ等が有名だが、新た会員制クラブ「ストレーツ・クラン」(31-37 Bukit Pasoh Road)がオープンした。

設立者は3人のシンガポール人起業家、Wee Teng Wenさん、Aun Kohさん、Sally Simさんだ。
起業家、クリエーター、ソーシャルアントレプレナーと呼ばれる社会起業家など若い年齢層の人が意見交換や社交する空間を提供するクラブとして、アジアで初めて設立された。会員費用はスタンダード会員で入会金4,500ドル、月額198ドル。現在の会員割合はシンガポール人約60%、外国人40%で会員の約20%が海外に居住している。ストレーツ・クランでは、会員2,000人を目標としている。

敷居の高いタングリン・クラブ等とは一線を画し、若い人々が中心となって情報交換や交流できる場が増えることでビジネスチャンスが一層広がるとみられている。

参照:株式会社LA DITTA / シンガポール会員制倶楽部STRAITS CLANがオープン

ルート・アンド・パートナーズでは会員制クラブのご案内や、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

  1. シンガポールの不動産投資におけるメリットとデメリット

  2. フィンテック技術は小売事業を営む富裕層を増加させる

  3. 10年単位で考えたいカンボジア進出

  4. シンガポール

    「メジアンリスト」が示すシンガポール視点での富裕層アプローチの重要性

  5. ミャンマー不動産、復調の兆し

  6. 富裕層も注目の2019年アジア主要3カ国の選挙戦