カンボジアの富裕層マーケットを考える

カンボジア

内戦の傷跡からだいぶ脱した感のあるカンボジアだが、人口が1500万人あまりと隣国のベトナムやタイに大きく引き離されていることは少し気がかりだ。
しかしながら北部にアンコールワットのあるシェムリアップ、南部に一台リゾート地シアヌークビルを擁し、それなりの形で富裕層マーケットが形成されていくだろう。
不動産開発や旅行産業のほか、やはい農業にも注目したい。

現地で聞いた話では、さとうきびの輸出需要がとても大きいようで、しかしながらまだマーケットが機能しておらず群雄割拠状態。
まとまった農地を入手できればとてもいいさとうきびビジネスができるのだとか。

日本人学校もようやくでき、生活コストもとても安いカンボジア。
スリランカのシナモン栽培と旅行を結びつけた富裕層の例のように、農業と不動産開発そして旅行産業を結びつけることが決め手になるだろう。

参考:スリランカで外国人が富裕層になった話

だが、気がかりなのは首都プノンペンの宿泊施設の少なさだ。
英語はそれなりに通じて快適ではあるが受け入れ態勢の基本的な柱である宿泊施設がまだまだの印象が強い。
タマホームのファンドが現地でホテル投資したのも大きくうなずける。
米ドルが普通に流通している環境なので、米ドル建てのホテル投資も魅力的。
20-30室程度の外国人専用のビジネスホテルで十分だと思うし、タイ的な魅力(建設コストが安く、宿泊収入を高く設定できる)もまだまだある。

 


「富裕層ビジネスに参入したいがよくわからない、何からはじめたらいいのか教えてほしい」というお悩みをお持ちの企業向けに、当社では様々な独自サービスをご用意しています。

  • 富裕層が本当に興味を持つ生の情報を見てみよう!
    富裕層ビジネスの知見を深めるための富裕層メンバーシップサイトの企業向け年間閲覧権
  • 富裕層マーケティングの基礎から一部応用まで学ぶ富裕層ビジネス研修
  • 日本初の富裕層ビジネス専門資格
  • 本格的に富裕層ビジネスに参入したい方にオススメの富裕層ビジネス顧問契約。

他にも様々な商品をご用意しております。
富裕層ビジネスにお困りのことがありましたら、随時当社へお問い合わせください。

富裕層マーケティングのことなら株式会社ルート・アンド・パートナーズへ

関連記事

  1. シンガポールにてプライベートバンク口座開設する時の注意点

  2. シンガポール、住宅購入者印紙税は「巧妙な富裕税」

  3. 食の衛生管理態勢が低い中国 富裕層は日本食品を取り寄せている

  4. シンガポールオススメ情報 Singapore Now! Vol.2

  5. 中国人富裕層に強みを持つ香港系IR企業が強い意欲を示す、日本のIR施設建設

  6. カンボジア企業の日本市場参入と政治家の動向