台湾とは

台湾とは

taipeh
台湾は、台湾という名前で親しまれていますが、正式には中華民国という国です。第二次世界大戦の後、中華民国の政府が台湾に移りました。台湾以外にも中華民国に含まれる地域はありますが、全体の面積のほとんどが台湾本島となるため、台湾という名前で呼ばれています。台湾の首都は、台北市です。台湾は、国際連合における代表権を失っているため、ユネスコへの加盟が認められていません。したがって、世界遺産等の世界にアピール出来る自然や文化遺産が候補という段階にとどまっています。この国の歴史を知り、こういった点も理解しておくことが必要です。

 

 

台湾の人口

taiwans
台湾の人口は、現在、2,340万人ほどです。この国でも少子化が進んでおり、合計特殊出生率は近年、世界最低となっています。人口の少ない国という理解をしておくことも必要です。

 

 

 

 

台湾の通貨

money
台湾の通貨は、現在、紙幣が2,000圓、1,000圓、500圓、200圓、100圓と5種類です。硬貨は、50圓、20圓、10圓、5圓、1圓、5角の6種類が流通しています。

関連記事

  1. タイ大手ディベロッパー海外富裕層に人気のニセコの土地を17億で売却

  2. シンガポールの富裕層は、何にお金を使っているのか

  3. 台湾に歴史について

  4. ヒューマングループ、現地富裕層向け保育園をジャカルタに開設

  5. 東京建物がバンコクに続きジャカルタに富裕層向け高級マンションを開発

  6. 大塚家具、富裕層向け高級羽毛布団を中国実店舗で販売