台湾とは

台湾とは

taipeh
台湾は、台湾という名前で親しまれていますが、正式には中華民国という国です。第二次世界大戦の後、中華民国の政府が台湾に移りました。台湾以外にも中華民国に含まれる地域はありますが、全体の面積のほとんどが台湾本島となるため、台湾という名前で呼ばれています。台湾の首都は、台北市です。台湾は、国際連合における代表権を失っているため、ユネスコへの加盟が認められていません。したがって、世界遺産等の世界にアピール出来る自然や文化遺産が候補という段階にとどまっています。この国の歴史を知り、こういった点も理解しておくことが必要です。

 

 

台湾の人口

taiwans
台湾の人口は、現在、2,340万人ほどです。この国でも少子化が進んでおり、合計特殊出生率は近年、世界最低となっています。人口の少ない国という理解をしておくことも必要です。

 

 

 

 

台湾の通貨

money
台湾の通貨は、現在、紙幣が2,000圓、1,000圓、500圓、200圓、100圓と5種類です。硬貨は、50圓、20圓、10圓、5圓、1圓、5角の6種類が流通しています。

関連記事

  1. 中国人富裕層の香港離れが加速、脱税防止制度の影響大

  2. 中国人富裕層の海外不動産投資事情、仮想通貨は元を凌ぐか?

  3. フィリピンの超富裕層人口、中国に次ぐ急成長

  4. 中国トップの就職サイト51jobのCEOが、世界の億万長者番付にランクイン

  5. 富裕層も注目の2019年アジア主要3カ国の選挙戦

  6. 訪日中国人富裕層に対応した医療通訳業務を強化